Q Studios Co.,Ltd.

Be Creative.

会社紹介

会社名 Q Studios Co.,Ltd.
代表者 岩村将成
業務内容 ゲーム開発 (コンシューマ, モバイル, アーケード, オンライン)
企画, デザイン, プログラミング
所在地 No.1 GlasHaus Building, Fl.8, Room 803/1, Sukhumvit 25,
KlongtoeyNue, Wattana, Bangkok 10110
電話 +66(0)2-258-4800 (Thailand)
設立 31th Jan 2013
資本金 3,000,000THB
従業員数 16名
関連会社 株式会社バイキング
http://byking.jp/

代表者挨拶

代表写真

「バンコク発のフラグシップゲームの創出」 ~Made In Thailand~

タイはその立地の良さから、シンガポールと並びASEANのハブとして、近年製造業を中心に目覚しい経済発展を遂げました。
首都バンコクに限っては東南アジアの発展途上国というイメージは一切なく、日本の地方都市をしのぐ都市景観を誇っています。
またバンコク都市圏の人口は1500万人にのぼるとも言われ、若年労働者の割合も多く、とても活気のある街です。

我々日本人にとってのバンコクに目を向けると、タイは台湾と並ぶ親日国であり、敬虔な仏教国でもあります。
日本食や日本のファッションなど、日本文化が広く浸透し、いたるところで日本語を見かけます。
特に日本のアニメ・ゲームは昔から人気があり、20年近く前から「ドラえもん」「一休さん」「クレヨンしんちゃん」など日本のアニメがタイでも放映されてきました。
近年では「プリキュア」「Naruto」「OnePiece」等、日本の著名作品がリアルタイムに放映され、東京での暮らしと見紛うほどです。
ゲームに関しても、PSP、3DSなど携帯ゲーム機の所持率も高く、日本での流行と呼応し、バンコクの街中でもPSPや3DSを持ち寄り、モンスターハンターやドラクエ10を遊ぶ姿が多く見られました。
またスマートフォンに関しても、バンコクではユーザーが急増しており、特にiPhone、Galaxyシリーズの売れ行きが好調です。

教育分野では、青年識字率が98.1%と日本並みの水準を誇り、また日本同様中学3年生までの9年間の義務教育を課しています。
大学進学率はタイ全体では60%程度と低い水準ですが、バンコクに限っては進学率は非常に高く、また欧米の大学への進学者数も日本とは比較にならないほど多くいます。
日本の大学と異なり、入学も卒業も難しいのがタイの一流大学の特徴で、その教育水準はアジアではシンガポールと並ぶ高いレベルを維持しています。
(参考:THE世界大学ランキング2012 カセサート大学140位、チュラロンコーン大学173位)
また工業系学部での卒業プロジェクトではUnityを活用したiPhoneの3Dゲームや、ソーシャルアプリなどを制作する学生が目立ちます。

私がタイで起業に至ったのには、このような背景に大きく起因しています。
私自身根っからのゲームクリエイターです。
タイへ赴任してから2年間、IT企業でスマートフォン事業部の責任者として、アプリやシステム開発に従事していましたが、
その間もゲームを作りたい!という想いはくすぶり続けていました。
転機になったのはその2年間の業務を通じ、社内外で多くの優秀な技術者たちに出会い、
彼らのような人材となら自身が望むゲーム作りができる、
そして彼らの日本のコンテンツへの理解や馴染み深さは、決して周辺諸国にはない大きなメリットになると確信したからです。

2年間の充電期間を終え、強力な仲間を得て、私はゲーム業界へ帰ってきました。
「Made In Thailand」の極上のゲームを皆様にお届けいたします。

代表取締役社長 岩村 将成

オフィス紹介

office1 office5
office2 office3